「何も入ってない収納」に憧れてたので実現してみた

みんな、元気ですか?
暑くなってきたので、お水こまめに飲んでくださいね!

「何も入ってない収納」が夢だった

さて今日は「何も入ってない収納」を実現してみた話!

先だってツイッターでつぶやいちゃったんですが

そう!

憧れの「何もない収納」を実現しました!

じゃ~ん!

ふふふ。やればできるじゃん!って気分になりました♪

「何もない収納」に憧れたきっかけ

どうして「何もない収納」に憧れたのか?

きっかけは本でした。以前読んだ本でね、

収納スペースを、全部埋める必要はないんですよ

ってセリフが書いてあって。

ぴょーん!

って目玉が飛び出るかと思うくらい驚きました。

た、たしかに!!!

隙間を見つければすぐさま埋める

タイプだった私には衝撃的でした。

しかもその人、家の中のあちこちに「空っぽの収納」があって、

いいな~!!

と羨ましく思い、ずっと憧れてました。

頑張って、「空っぽの収納」をつくってみた

でも空っぽの収納って、自然とできることってないと思うんですよ。

「普通に暮らしてたら

この収納空っぽになっちゃった~!」

なんてこと、多分ない。

なので、「意図的に」、頑張って、空の収納をつくってみました。

まずはココ!クローゼットの棚の、右上2段を空っぽにしました♪

で、もう一か所の空収納は、衣装ケースでつくりました。

こんな感じで、ケースの1つを空っぽに。

空の収納があると、どんなメリットがあるのか?

これねー。めっちゃ便利ですよ。

一時的なモノ置き場として最適なんです!

・あとでもう一度着る服
・あとで集荷に出すモノ
・明日来るお客さんに渡すモノ

などなど。

収納ケースの中に入れてしまうので、視界に入らず快適です♪

まとめ

まとめると、

・空っぽの収納スペースがあると、一時的なモノ置き場として使える
・視界がスッキリするので、気分爆上がり♪

です。

「空の収納をつくる」って、ずっと夢だったので叶えることができてうれしいです♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

汚部屋を脱出し、気ままなひとり暮らしをしています。

代表作:
『100万円貯めて、汚部屋から脱出してみた』
『別居婚を、8年間やってみた』